歯磨きの大切さを伝えるには

ユーザーID:2 ユーザーネーム:とくさん

2013年09月13日16:34

みなさん、こんにちは。

特に高齢者と限定しない質問なのですが…
私のまわりには、歯磨きが嫌いとゆーか、めんどくさいと思っている人が多く(父親をはじめ特に男性)、「もう今日はいいや」とか「今(この年齢)から歯磨きをしたってしょうがない」と言ってばかりで、真剣に歯磨きをしようという気を感じられません。

でも、あまりにも無理強いしてしまうと、もっと嫌いになってしまうかなと思い強く言えず、ジレンマともどかしさを抱えています。

歯を失っていたり、今はお口が汚れていても
歯磨き(口腔ケア)は大切なことだとわかってほしくて。

子どもを持つママさんや、歯磨き嫌いな患者さんのいる歯医者さんがいましたら、どう伝えているのか、アドバイスいただけると有り難いです。

よろしくお願いします。

お気に入り掲示板に追加

報告


掲示板ガイドラインに同意する方のみ投稿ができます。

皆様からお寄せいただいたご意見

並べ替え:新しい順古い順 1ページ中1ページを表示  1

1. 誤嚥から肺炎の危険

不顕性誤嚥は、若い人でも有りうる事です。不顕性誤嚥があると、抵抗力がない子供や高齢者は肺炎になる危険が高い。
また、対抗力が比較的ある成人でも、不顕性誤嚥はあるのですから、汚れた唾液が流れ込むより、きれいな唾液が流れ込む方が良い訳です。

報告

ユーザーID:3891 ユーザーネーム:モチヅキ さん

(2014年06月07日17:36)

2. 逆効果の場合もありますが…

 プラークを探針や歯ブラシで掬って患者さんに見えるようにして、「この中におんなじ量のう○この10倍のバイキンがいます」と言うと説明の取っ掛かりになることがあります。
 特に小さな男の子にはウケが良いです。
 あとは単純に歯磨きをしたら気持ちいい、と言う経験を重ねていただくことが大事かと思います。

報告

ユーザーID:20390 ユーザーネーム:gongon さん

(2017年02月01日10:46)

並べ替え:新しい順古い順 1ページ中1ページを表示  1

あなたのご意見をお聞かせください

ログインいただきますとコメントを投稿できます。




  《助成金活用》従業員定着と利用者満足度向上のための介護職リーダー研修に関する説明会のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講