コンテンツの人気ランキング

嚥下体操

嚥下体操

嚥下体操 食べるための筋肉をトレーニングする体操、それが嚥下体操なの。 嚥下体操ってなーに? 嚥下(えんげ)とは「飲み込み」のことです。 嚥下は、舌やお口の周り、首などの筋肉を使って、食べ物や飲み物をのどの方へ送り込み、のどを通過した食べ物 …

くわしく読む
アクセス:5,370

パタカラ

パタカラ

パタカラ お口の健康をまもるパタカラ体操。それぞれ、トレーニングできる筋肉がちがうのよ パタカラ体操ってなーに? パタカラ体操はお口の代表的な体操の一つで、食べ物を上手にのどの奥まで運ぶ一連の動作を鍛えるための、発音による運動です。 加齢に …

くわしく読む
アクセス:2,415

だ液腺マッサージ

だ液腺マッサージ

お口の中には、だ液腺と呼ばれるだ液の出やすいポイントがあります。
だ液の分泌を促すために、だ液腺を刺激することを、だ液腺マッサージと言います。

くわしく読む
アクセス:1,982

4位 ケアに適した器具

アクセス:840

粘膜は、歯以上にやさしくケアすることが大切です。粘膜は傷つきやすく、また傷がついてしまうことにより口内炎などができてしまう恐れがあります。
高齢者の多くは粘膜が乾燥しています。

5位 口腔周囲筋ストレッチ

アクセス:637

口腔周囲筋ストレッチ お口のまわりには、お食事や会話に欠かせない筋肉がたくさんあるの。 口腔周囲筋ってなーに? 口腔周囲筋とは、名前の通り、お口の周りの筋肉のことです。 唇やほほ、舌、あごなどが含まれます。 口腔周囲筋ストレッチはどうして必 ...

6位 口腔内ストレッチ

アクセス:547

口腔内の粘膜は、口腔ケアの際に発生する刺激により、だ液の分泌が促されたり、お口の筋肉のトレーニングになったりします。お口は、口腔周囲筋ストレッチでも分かるように外からの刺激も大切ですが、もちろん口腔内からの刺激も必要です。口腔内から筋肉を直接ストレッチする方法をご紹介します。

7位 姿勢

アクセス:459

姿勢 良い姿勢とは、つまり誤嚥しにくい姿勢なの。 お食事と姿勢の関係 お食事の際には、楽で、おいしく、安全に食べられる姿勢を整えることがとても大切です。 あごを上げた姿勢は、お口からのどに流れ込みやすいため、誤嚥の危険性が高くなります。 ま ...

8位 口腔ケアの効果

アクセス:453

口腔内が食べ残しや細菌で覆われていると だ液が出にくくなり、口腔内が乾燥します。 口腔内の汚れを取り除くことにより、口腔内はきれいになり だ液が少しずつ出てくるようになります。 また、お口の中にはだ液腺と呼ばれるだ液が多く分泌されるポイントがあります。 口腔ケアの際に、歯ブラシや指などが お口の中のだ液腺に刺激を与え、だ液が出てきます。

9位 乾燥とこびりつき

アクセス:429

高齢者の多くは、口腔内が乾燥しています。 乾燥の原因は様々ですが、口腔内の乾燥は、だ液が十分分泌されていないことを意味します。
だ液が出にくくなってしまうと粘膜が傷つき出血しやすくなり、炎症を起こすこともあります。

10位 とろみ剤

アクセス:408

とろみ剤 安全に飲み込みやすくするために使うのが、とろみ剤なの。 とろみ剤ってなーに? とろみ剤とは、食べ物や飲み物に加えまぜるだけで、適度なとろみをつけることできる粉末状の食品です。とろみをつけるだけではなく、ゼリー状に固めることのできる ...


11位 高齢者・要介護者の口腔内の特徴 アクセス:394
12位 食形態を変える前に アクセス:387
13位 口腔内の観察 アクセス:386
14位 器質的口腔ケアと機能的口腔ケア アクセス:378
15位 舌苔 アクセス:374
16位 ガムラビング アクセス:361
17位 姿勢を整える アクセス:355
18位 レクリエーションとしての機能訓練 その1 アクセス:312
19位 開口誘導・開口保持 アクセス:302
20位 ブクブクうがい アクセス:282


  歯科医師・歯科衛生士で、復職を考えている方へ「復職応援」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講