コンテンツの人気ランキング

嚥下体操

嚥下体操

嚥下体操 食べるための筋肉をトレーニングする体操、それが嚥下体操なの。 嚥下体操ってなーに? 嚥下(えんげ)とは「飲み込み」のことです。 嚥下は、舌やお口の周り、首などの筋肉を使って、食べ物や飲み物をのどの方へ送り込み、のどを通過した食べ物 …

くわしく読む
アクセス:3,903

パタカラ

パタカラ

パタカラ お口の健康をまもるパタカラ体操。それぞれ、トレーニングできる筋肉がちがうのよ パタカラ体操ってなーに? パタカラ体操はお口の代表的な体操の一つで、食べ物を上手にのどの奥まで運ぶ一連の動作を鍛えるための、発音による運動です。 加齢に …

くわしく読む
アクセス:1,615

だ液腺マッサージ

だ液腺マッサージ

お口の中には、だ液腺と呼ばれるだ液の出やすいポイントがあります。
だ液の分泌を促すために、だ液腺を刺激することを、だ液腺マッサージと言います。

くわしく読む
アクセス:1,348

4位 口腔周囲筋ストレッチ

アクセス:594

口腔周囲筋ストレッチ お口のまわりには、お食事や会話に欠かせない筋肉がたくさんあるの。 口腔周囲筋ってなーに? 口腔周囲筋とは、名前の通り、お口の周りの筋肉のことです。 唇やほほ、舌、あごなどが含まれます。 口腔周囲筋ストレッチはどうして必 ...

5位 痂皮

アクセス:404

痂皮 生まれ変わるはずのお口の中の粘膜が残ってしまっている状態、これが痂皮なのよ。 痂皮(かひ)ってなーに? 痂皮とは、口腔内の粘膜が上手くはがれ落ちないために硬くなり、 乾燥によりこびりついてしまった古い粘膜の厚い層のようなものです。 は ...

6位 口腔内ストレッチ

アクセス:356

口腔内の粘膜は、口腔ケアの際に発生する刺激により、だ液の分泌が促されたり、お口の筋肉のトレーニングになったりします。お口は、口腔周囲筋ストレッチでも分かるように外からの刺激も大切ですが、もちろん口腔内からの刺激も必要です。口腔内から筋肉を直接ストレッチする方法をご紹介します。

7位 開口誘導・開口保持

アクセス:318

脱感作やリラクゼーションを行って、お口に触れるところまできたら、 次はお口を開けていただくことが必要です。 お口を開けるためには、あごの関節の運動だけではなく 筋肉の緊張をほぐして、お口を開けやすい状態にすることです。

8位 ケアに適した器具

アクセス:308

粘膜は、歯以上にやさしくケアすることが大切です。粘膜は傷つきやすく、また傷がついてしまうことにより口内炎などができてしまう恐れがあります。
高齢者の多くは粘膜が乾燥しています。

9位 むせ

アクセス:293

むせ むせるのって、からだの防御反応なのよ。 むせるのが、どうして防御なの? むせるのには、理由があります。 誤嚥とは、通常食道にいくべき食べ物や液体が誤って気管に入ってしまうことですが、むせるのはそんなときです。気管にとっては異物であるも ...

10位 口腔内の観察

アクセス:275

お口を開けておくことが保持できたら、口腔内を必要であればライトなどで明るく照らして、ケアしても大丈夫か、異常はないか確認します。もし、開口が保持できず観察が難しい場合には、お口のはしから指を滑り込ませるようにして入れて、ほほの内側を触るようにし、反応を見ましょう。


11位 とろみ剤 アクセス:267
12位 上あご アクセス:265
13位 外し方 アクセス:239
14位 脱感作・リラクゼーション アクセス:230
15位 姿勢 アクセス:207
16位 姿勢を整える アクセス:206
17位 口腔ケアの効果 アクセス:205
18位 乾燥とこびりつき アクセス:198
19位 ブクブクうがい アクセス:195
20位 ガムラビング アクセス:190


  訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講