歯石

歯石は歯磨きでは取り除けないから、専門的なケアが必要なの。

歯石ってなーに?

グラグラしている歯

歯石は、歯や入れ歯の表面に付着した歯垢がだ液中のカルシウムによって硬くなるもので、細菌のかたまりであり、歯肉炎や歯周病の大きな原因です。
歯の表面に歯石がついていると、歯みがきでは取り除けないため、歯ぐきに炎症が起こります。
また、細菌の影響で歯を支えている骨が溶け、歯ぐきが下がるため歯と歯ぐきの境目にすき間ができます。そこに食べかすや細菌が入り込み、歯周病が進行しやすくなってしまうのです。


歯石って防げるの?

正しい歯磨きを行うことで、歯石が付着するのをある程度は防ぐことができますが 定期的に歯科医師の診察を受け、歯石の除去を行ってもらうのが良いでしょう。
半年に一度の間隔で定期的な検診を受け、歯磨き等のアドバイスを受けることをおすすめします。

ぼくたちだけじゃきれいにできないところは、
歯医者さんの出番なんだね。

そうなの。歯垢が歯石になる前にケアできると、とてもいいの。
歯石を除去してもらうためだけじゃなく、軽度のむし歯も見つけてくれるし、歯磨きのアドバイスもしてもらえるから、いずれにしても定期的な歯科検診は大切なのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講