だ液腺マッサージ

お口を潤すために大切なだ液。お口の中には、だ液の出やすいポイントがあるの。

会員限定ダウンロード資料つき

だ液腺マッサージってなーに?

だ液腺マッサージってなーに?

お口の中には、だ液腺と呼ばれるだ液の出やすいポイントがあります。
だ液の分泌を促すために、だ液腺を刺激することを、だ液腺マッサージと言います。


乾燥から保湿へ

高齢になると、だ液は出にくくなります。
おしゃべりの機会が少なくなったり、お食事がお口から摂れなくなったりすると、ますます口腔乾燥は進んでしまいます。
乾燥したお口を潤す方法は、ブクブクうがいや、保湿剤の塗布などいくつかありますが、だ液腺マッサージも、その方法のうちの一つです。
だ液腺をやさしくマッサージすることにより、だ液の分泌が促され、潤いのある健康なお口に近づきます。

だ液腺マッサージの効果

だ液腺マッサージにより口腔内が潤うと、次のような効果が期待できます。

  1. 01. お口の自浄作用が働く。
  2. 02. 口腔乾燥の方の口腔ケアがしやすくなる。
  3. 03. 痛みなどの症状が和らぐ。
  4. 04. お口の周りの筋肉の緊張がほぐれ、お口が開きやすくなる。
  5. 05. だ液腺マッサージは会話をしながら行うので、コミュニケーションになる。 
  6. 06. 食べること、飲み込むことや、会話がしやすくなる。 

だ液腺マッサージはいつ行えばいいの?

だ液腺マッサージも、嚥下体操同様、お食事前に行うと、だ液の分泌が促進され、お食事のための準備が整ったお口に近づきます。
お口が乾燥していると、むせたり、噛みにくくなったりしてしまいます。
また、口腔ケアの拒否が強い方や口腔乾燥がひどい方などへ、口腔ケアの導入として行うと、だ液の分泌が促されるだけではなく、リラックス効果も期待できます。口腔ケア拒否への対処法については、だ液腺マッサージのほか、「脱感作・リラクゼーション」、「開口誘導・開口保持」もご確認ください。
ご自分で行うだけではなく、マッサージをされることはとても気持ちが良いものです。
コミュニケーションの一環として、ぜひ取り入れてみてください。

やってみよう!だ液腺マッサージ

だ液腺は口腔内に3ヶ所あります。
力を入れずに指で軽く圧迫するように、やさしく行いましょう。
だ液腺マッサージはいきなり始めるのではなく、必ず声をかけて、今からだ液腺マッサージをします、ということを伝えます。
お顔に触れられるのが苦手な方もいますので、「声かけ・説明」にて手順を確認しましょう。

耳下腺(じかせん)
ダウンロード

お食事のための準備を整えるだ液腺マッサージを一枚にまとめた資料
「だ液線マッサージ」を ダウンロードできます。

だ液腺マッサージ、確かに気持ちいいね。お口、開けやすくなるかも!

耳下線(じかせん)は上あごからサラサラしただ液の分泌を、顎下線(がっかせん)と舌下線(ぜっかせん)は下あごから少し粘り気のある食べ物をまとめるためのだ液の分泌を促してくれるの。どちらも、大切なのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講