入れ歯

歯を失ってしまったら、できるだけ入れ歯を入れてほしいの。
お口だけじゃなくて、身体への影響も考えられるのよ。

本来あるべき歯の代わり

本来あるべき歯の代わり

きちんと歯磨きをし、歯科医院での定期的な検診を受け、健康な生活を送っていれば、本来歯は一生保つことができます。
それでも歯を失ってしまった場合は、失われた歯を補わなければなりません。そのままにしておくと、様々な悪影響が考えられます。 歯を補う選択肢の一つとして、入れ歯があります。


入れ歯を入れなくてはいけない理由

こんな方は要注意

歯を抜けたままにしておくと、噛む力が低下するばかりではなく、 残りの歯に負担がかかる、歯が傾く、歯が伸びるなど、噛み合わせが悪くなっていきます。 こういった症状の進行により、豊かな食生活が失われる恐れもあります。
また、人は歩いたり踏ん張ったりする時に 奥歯を噛み締めることで、しっかりと力を入れることができています。
歯を失ったままにしておくと、奥歯を噛み締めることができません。 そのため、歩いている時にふらついたり、転びやすくなったりしてしまいます。
安全な生活を送るためにも、入れ歯を入れることは欠かせません。


こんな方は要注意

次のような方は、入れ歯のメンテナンス(調整)が必要です。歯科医師に適切な処置をしてもらいましょう。

  • 歯が折れたまま
  • 歯が抜けたまま
  • 入れ歯が壊れたまま
  • 話をすると入れ歯がガタガタする
  • 実際の年齢より老けて見える
  • 発音が不明瞭
  • よく転ぶ

入れ歯を入れると、生活にハリが出ます

入れ歯を入れるとよく噛めるようになり、胃の負担も軽減され、食生活も豊かになります。 噛み合わせが安定すると、発音がしっかりし、お口の周りのシワが伸びるため若々しい印象を与えます。
また、入れ歯で歯を補うことにより、奥歯で噛み締めることができるようになります。 しっかりと踏ん張り、バランスも保たれるようになるので、 転倒防止にもつながります。
入れ歯を使用することで、食生活だけでなく、日常生活においても ハリのある生活を送れるようになります。

入れ歯って、ただ噛むためだけのものじゃないんだね。

そうなの。歯を失ったままにしておくと、 からだや毎日の生活にまで良くない影響が出てしまうの。 入れ歯は自分のお口に合ったものを、使わないとだめなのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講