歯周病(歯槽膿漏)

歯周病って、歯や骨を溶かしてしまうとっても危険なお口の疾患なの。

歯周病ってなーに?

歯と歯ぐきのすき間に歯垢や歯石が溜まって、その中にいる細菌が 歯ぐきに炎症を起こす病気が歯周病(歯槽膿漏)です。

歯周病ってなーに?

こんな方は要注意

こんな方は要注意

下記の症状に当てはまるものがあれば、歯周病の疑いがあります。

  • 息が臭い
  • 口腔内がネバネバしている
  • 歯ぐきが赤い
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯が長く見える
  • グラグラしている歯がある
  • 歯ぐきから膿が出ている
  • 歯を噛みしめると痛い

まずは、歯科医師・歯科衛生士への相談をおすすめします。

歯周病にかかってしまうと…

生活習慣病の一種であるこの歯周病こそ、歯を失う最大の原因です。歯周病菌は、誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因菌の一つと言われています。歯周病は国民病とも言われ、免疫力が低下する40歳以上の日本人のうち80%の方が歯周病にかかっていると言われています。
歯を失うことや歯周病は、お口だけではなく、全身の健康にも関わる問題です。残存歯数(お口の中に残っている自分の歯の数)や歯周病の有無が、誤嚥性肺炎だけではなく認知症、発熱、心臓病、糖尿病など様々な疾患の予防にまでつながることが最近の研究でわかってきました。
全身の健康を維持し、歯周病を未然に防ぐためにも、口腔内を清潔に保ち、定期的な検診を受けることはとても重要です。

80%も?!ぼく、大丈夫かなぁ…。

ほとんどの人は、歯周病が原因で歯を失ってしまうの。 歯周病になった初期は自覚症状があまりないから、ひどくなってから気づくことが多いの。 だから歯周病を予防することも、定期的な歯科検診を受けることも大切なのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講