姿勢を整える

姿勢は誤嚥を予防するために、とても大切なの。

ケアをする相手の状態によって、口腔ケアを行う場所と姿勢を決めます。

どうして姿勢に気をつけるの?

どうして姿勢に気をつけるの?

口腔ケアをすると、お口が刺激されて、だ液が出てきます。
あごが上がった状態などでは、誤ってだ液が肺に入ってしまうために発症する 誤嚥性肺炎を引き起こしかねません。 誤嚥性肺炎を予防するために姿勢を整える必要があります。


イスや車イスでの口腔ケア

洗面台まで移動できる方への口腔ケアです。

イスに座って後ろから介助イスに座って前から介助

注意点

  • あごが上がった状態で口腔ケアをしない
  • 同じ目線の位置で口腔ケアをする…ケアをする相手の上から口腔ケアをすると、あごが上がってしまいます。
  • しっかりと深く腰掛けてもらう
  • 車いすの場合は、フットレストから足を下ろす…足を床にしっかりとつくと、踏ん張れるようになります。
  • あごを手で支えてケアをする

歯科衛生士の方への注意点

歯科医院内での治療の際には、患者さんのお顔やお口に触れないというルールですが 要介護者の口腔ケアの場合、それは全く異なります。 ほほに触れたり、お口の中に指を入れてマッサージをしたりすることは 緊張をほぐし、だ液の分泌を促す効果が期待できます。
また、お口を開け、顔を上に向けている状態が辛い方は多くいます。 あごに手を添えて支えることは、負担ができるだけ少なくなるよう補助する役割もあります。
恐る恐る触れられるのは、気持ちのいいことではありません。 触れる際には、お声をかけ、しっかりと触れるようにしましょう。

ベッドでの口腔ケア

ベッドから起き上がれない方や寝たきりの方への口腔ケアです。

ベッドでの基本の姿勢ベッド上で横から介助ベッド上で前から介助

注意点

  • ベッドをギャッジアップして、できるだけ上半身を起こしてもらう
  • お顔を真正面ではなく、横に向ける
  • 上半身を起こせない場合は、側臥位(そくがい)(横向き)にする
  • あごが少し引いた状態になるよう、枕やタオルを頭や首の後ろにはさむ
  • ひざや足下など身体にも枕やタオルをはさみ、調整する…身体がずれないよう、安定させます。

片まひの方への口腔ケア

身体の片側にまひのある方の口腔内は、 まひ側に汚れが残りやすく、また気づきにくいため、磨き残しに注意が必要です。
また、お口の片側がきちんと閉じられないため、うがいが十分にできない場合もあります。 ご自分でお口を押さえていただき、うがいをしてもらったり うがいの後、お口に残ったお水を拭き取るなどすると良いでしょう。

イスや車イスでの注意点

ベッドでの基本の姿勢

まひのある方は姿勢が安定しにくいので、枕やタオル、クッションなどを まひ側にはさんで姿勢が崩れないようにします。
ご自分でブラッシングされる場合は、歯ブラシを持ちやすくするため 柄の大きい歯ブラシを用意する、また手と歯ブラシをベルトで固定するなどの 工夫ができます。 先述の「イスや車イスでの口腔ケア」の注意点もご参照ください。


ベッドでの注意点

ベッドでの基本の姿勢

寝たきりで片まひのある方への口腔ケアのポイントは、 まひ側を上下どちらにするのか、ということです。
ケアをする相手がご自分でブラッシングする場合は、 まひ側を下に横向きに寝て、まひのないほうの手で歯ブラシを持ってください。 介護をする人がブラッシングをする場合は、 まひのない方を下に横向きに寝て、口腔ケアを行ってください。
こちらも先述の「ベッドでの口腔ケア」の注意点をご参照ください。


寝たきりの場合寝たきりで横向きが無理な場合

ベッドから起き上がれなくても、口腔ケアってできるんだね。

だ液を間違えて飲み込まない工夫をしっかりすることが大切なの。
寝たきりで、お口をあまり使わなくても、汚れはたまるから、
できるだけ口腔ケアができるといいなって思うの。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講