外し方

ちょっとした工夫をするだけで、入れ歯は外れやすくなるの。

会員限定ダウンロード資料つき

入れ歯ってどうやって外すの?

起きている時は、お口の中へ

お口に合った入れ歯は、つけるのも外すのも難しくはありません。
入れ歯の着脱は、ご自分でできる方には、ご自分で行っていただくように促しましょう。
正しい方法でできていない方には、外し方のコツをアドバイスしてみることです。
入れ歯は外すコツをつかむことができれば簡単に外すことができます。
それでも外れない場合は、入れ歯がお口に合っていない、入れ歯が変形している、むし歯や歯周病があるなどの様々な原因がありますので、歯科医師に相談しましょう。


クラスプ(歯にかけるバネ)がある場合/部分入れ歯の場合

クラスプがある場合は、クラスプを歯からはずすように動かして部分入れ歯を外します。

クリームタイプの使い方

総入れ歯の場合

総入れ歯は、義歯床と上あごや歯ぐきなどの粘膜の間に空気を入れると外れやすくなります。

クリームタイプの使い方

コツさえつかめば、総入れ歯でも「カパッ」と簡単に外れます。大きな入れ歯をお口から出しにくいと感じる時には、お口の周りの筋肉をマッサージしてみましょう。

ダウンロード

歯や粘膜を傷つけない入れ歯の外し方のポイントを 一枚にまとめた資料
「入れ歯の外し方」をダウンロードできます。

入れ歯をスムーズに外せないと、外すだけで疲れちゃいそうだね。

無理に力をかけて外そうとすると、入れ歯の変形やお口に傷がついてしまうことがあるの。
正しい外し方だと少ない力で外すことができるのよ。。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講