観察のポイント

入れ歯が合っていないと、お口はちゃんとサインをくれるのよ。

観察のポイント

入れ歯を外した後の口腔内は、次の点に気をつけながら観察をしましょう。

クリームタイプの使い方

入れ歯の不具合は、入れ歯だけではなく口腔内に問題がある場合も考えられます。注意して観察しましょう。違和感が続くときには歯科医師の診察を受けることをおすすめします。


日常生活と入れ歯

口腔内を観察している時だけではなく、日常生活の中でも観察すべきポイントはあります。
次のような点に気づくことはありませんか?

日常生活と入れ歯

※入れ歯やお口に関する問題は非常に個人差が大きいものです
 少しでも気になることがあったら、すぐに歯科医師・歯科衛生士に相談しましょう。


クラスプをひっかける支えの歯って、むし歯になりやすいの?

クラスプ部分には歯の汚れである歯垢がたまりやすいから、それと接する支えの歯も歯垢がつきやすいの。
丁寧に歯を磨いてしっかり汚れを落としてほしいの。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講