頬の内側

ほほのケアはリハビリ効果もあるのよ。

会員限定ダウンロード資料つき

ほほにはこんな汚れがたまります

ほほにはこんな汚れがたまります

ほほの内側には、お口に残った食べかすや吐き出せなかった痰などがついたままになっていることがあります。
また、お口をあまり動かさなくなった方やお口の潤いが十分足りていない方などは 乾燥がすすみ新陳代謝が上手にできていないために、粘膜が固くなっている場合があります。
ほほと歯ぐきの間には、多くの食べかすが残りやすいと言えます。
注意して取り除きましょう。


ほほのケアがほほのトレーニングに

ほほに食べかすや痰などが付着した状態になってしまっているということは、ほほの筋肉の動きが十分ではないということでもあります。
ほほの筋肉が機能していないと、食べにくい、飲み込みにくいだけではなく、会話しにくくもなります。
筋肉は刺激を与えることでトレーニングになります。
ほほのケアは、保湿をして粘膜を清潔に保つためだけではなく、ほほの筋肉のトレーニングも兼ねているのです。


ほほのケア方法

用意する器具

お口の乾燥とだ液の減少

次の器具を用意しましょう。

  • 保湿剤(必要に応じて)
  • マウスウォッシュ(必要に応じて)
  • スポンジブラシ、口腔ケアウエッティーなど

ほほのケア方法

それぞれの器具の使い方については、「ケアに適した器具」のページで詳しくご紹介しています。
ぜひご確認ください。

お口の乾燥とだ液の減少

ほほのケアは、汚れをきれいにするだけではなく、スポンジブラシなどの刺激によるトレーニング効果も期待できます。 汚れを全て取り除くことができなくても、トレーニングにもなると思ってほほのケアを続けましょう。

ほほの内側を清潔に保ち、筋肉のトレーニングも兼ねているケアのポイントを
一枚にまとめた資料「ほほのケア方法」をダウンロードできます。


きれいにもなって、トレーニングもできるなんてすごいね。

ほほのケアをすると粘膜からだ液が少しずつ出てくるようになるの。
だ液があるから、ほほがしっとりと潤ったり、汚れがつきにくくなったりするのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講