保湿

高齢になるとお口はとても乾燥してしまうから、保湿は大切なことなのよ。

どうしてお口を潤すことが必要なの?

どうしてお口を潤すことが必要なの?

口腔内が乾燥した状態で口腔ケアを行うと、汚れがしっかりとこびりついていて、取り除くのに時間がかかります。
また、唇やお口の端が切れやすくなっていたり、 歯ブラシなどが歯ぐきやほほなどに触れる刺激により、痛みを感じる方が多くいます。
汚れが落としやすい、痛みの少ない口腔ケアのためには、必ずといっていいほど保湿が必要です。
口腔内が潤うと、硬くなったお口の中の粘膜や、舌苔、痰などをふやかしてくれますので、汚れがとれやすくなります。

ブクブクうがいによる保湿

ブクブクうがいによる保湿

ブクブクとお口を動かすブクブクうがいが出来る方には、口腔ケアの前に、あらかじめブクブクうがいをしていただきます。
口腔内が潤うほか、お口に残った食べかすも取り除けます。
ブクブクうがいはお水だけでもいいのですが、特に乾燥が気になる方の場合は、潤いを与える低刺激タイプのマウスウォッシュが効果的です。


吐き出せない場合

吐き出せない場合

ご自分でお水やマウスウォッシュを吐き出すことができない方は、
次のようにしてお口からお水を出してください。

  1. 01. 顔を少し傾けてもらい、指で下唇を引き下げる。
  2. 02. 口腔内に溜まっていたお水やマウスウォッシュを、
    ガーグルベースンに出す。
  3. 03. スポンジブラシや口腔ケアウエッティーで、口腔内の水分を拭き取る。

ブクブクうがいができない場合

吐き出せない場合

お水をお口に含んでブクブクするうがいができなくても、口腔内の保湿は
必要です。
次のようにして口腔内をきれいにし、潤いを与えましょう。

  1. 01. 口腔内に食べかすが残っている場合は、口腔ケアウエッティーで
    拭き取る。
  2. 02. 歯ブラシやスポンジブラシで、歯と粘膜をきれいにする。
    ※歯ブラシやスポンジブラシは、繰り返しきれいなお水ですすぐようにしましょう。
  3. 03. 最後に口腔ケアウエッティーや水をしぼったスポンジブラシで、口腔内を拭き取る。

保湿剤とリップクリーム

そのほかの保湿方法としては、保湿剤を唇や口腔内に塗る。
リップクリームを唇やお口のはしに塗る。
だ液腺マッサージで、だ液の分泌を促すのも効果的です。
「開口誘導・開口保持」のページでは、保湿剤を使った口腔内のマッサージ方法をご紹介しています。
歯のケアの前には「姿勢を整える」、「口腔内の観察」と合わせてチェックし、口腔ケアの準備の整ったお口をつくりましょう。


マウスウォッシュ、保湿剤、リップクリーム…
乾燥対策の商品ってたくさんあるんだね。

そう、それくらい乾燥を防ぐ保湿が重要視されているということなの。
痛みの少ない口腔ケアを行うためにも、まずは保湿を忘れないことなのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講