グラグラしている歯

グラグラしている歯もケアは必要なの。

グラグラしている歯があったらどうしたらいいの?

グラグラしている歯

歯が動くように感じたときには、歯周病の症状が進行している恐れがあります。
そのままにしておくとさらに悪化し、歯が抜けてしまうこともありますので、適切なケアや治療を行ない、歯の健康を保つよう心がけましょう。
歯科医師・歯科衛生士への早めのご相談をおすすめします。


グラグラしている歯の磨き方

歯がグラグラしている時は、グラグラしている歯に、歯ブラシを持っていないほうの指をあてて、 グラグラしている歯が動かないようにして磨くと、痛みも少なく磨きやすくなります。
グラグラしている歯は痛みを伴うことが多く、出血することも多いため、ケアが難しい場合には無理に行わず、歯科医師・歯科衛生士の指示に従いましょう。
グラグラしている歯


グラグラしている歯、磨くのこわいね…。

適切な口腔ケアを行えば、歯ぐきが健康になる可能性もあるの。
だから、無理をしない範囲でケアを続けてほしいの。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講