義歯洗浄剤

義歯洗浄剤は入れ歯についた目に見えない汚れや、入れ歯の内側に入り込んだ細菌を
取り除く補助として使うのよ。

汚れをうかす義歯洗浄剤

汚れをうかす義歯洗浄剤

義歯洗浄剤には洗浄、殺菌、消臭効果がありますが、あくまでも入れ歯のお手入れの補助として考えましょう。
入れ歯の汚れを落とすため、というよりも細菌の繁殖を防ぐために使用することをおすすめします。
義歯洗浄剤を使用している方の中には、義歯洗浄剤に浸しただけで入れ歯がきれいになると思い、入れ歯ブラシを使わずにお水で流すだけの方がいますが、入れ歯についた汚れはお水で流しただけではきれいに落ちません。
また、義歯洗浄剤を使用した入れ歯を、その成分がついたままお口に入れることはあまりおすすめできません。
義歯洗浄剤を使った後は、必ず流水下で入れ歯専用ブラシを使い汚れを落としてから、入れ歯をつけるようにしましょう。


どのくらいの頻度で使うの?

入れ歯の臭いが気になる、着色汚れが気になるなどの場合には、できるだけ毎日、少なくても一週間に1~2回ほど使用すると、効果的です。

どんなものを選べばいいの?

義歯洗浄剤にはいくつかの種類がありますが、一般的には市販されているものを使われるといいでしょう。
洗浄剤がお水に溶けると発生する泡(=活性酸素)により、殺菌と漂白を行うものが多く売られています。
入れ歯の種類により、望ましい洗浄成分がありますので、歯科医師・歯科衛生士に相談してみましょう。

義歯洗浄剤って毎日使うといいんだね。

お口を動かす機会が減ると、汚れや細菌が長時間お口の中に留まって入れ歯もそれだけ汚れてしまうの。
毎日のお手入れを続けていくことって、とても大切なのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講