磨き方

入れ歯はヌルヌルした汚れがとれるまで、しっかり磨き洗うことが大切なのよ。

会員限定ダウンロード資料つき

入れ歯の磨き方

入れ歯は必ず流水下で行い、歯磨き粉をつけずに磨きます。

入れ歯の磨き方

義歯洗浄剤を使っただけでは目に見えない細菌をうかせているだけで、落とし切れてはいません。また、義歯洗浄剤が入れ歯に付着したままお口の中に入れてしまうと、歯ぐきが炎症を起こしてしまう恐れがあります。
汚れをしっかりと落とすためにも、歯ぐきの炎症を防ぐためにも、入れ歯ブラシでしっかりと磨きましょう。

お手入れの注意点

歯磨き粉は使わない

一般的に販売している歯磨き粉には研磨剤が含まれています。研磨剤は入れ歯に細かい傷をつけてしまいますので、使用しないようにしましょう。
入れ歯についた細かい傷は、細菌を繁殖しやすくさせてしまいます。口腔内に細菌が増えると、口臭の原因や義歯性口内炎の原因につながることもあり、入れ歯に接するご自分の歯や口腔内にも良くない影響が考えられます。
残っている歯や口腔内の環境を守っていくためにも、歯磨き粉を使わずに入れ歯を磨きましょう。

入れ歯を洗う時は、洗面器を下に置く

入れ歯を洗う時は、洗面器を下に置く

入れ歯は衝撃に弱く、落としてしまうとひびが入ったり、欠けたり割れたりする恐れがあります。
流水下で入れ歯を洗う際には、下にお水を張った洗面器を置いて、万が一落としてしまった場合でも割れにくい環境を整えることが大切です。


磨く時のポイント

入れ歯を磨く時は、入れ歯をしっかりと持って、入れ歯専用ブラシを入れ歯の中央から端に向けて動かすようにします。
クラスプの部分は、強く握ってしまうと変形する恐れがありますので、義歯床を持つようにしましょう。
入れ歯も、私たちの歯と同じように、人工歯と人工歯の間にも歯垢が付着します。
人工歯と人工歯の間に入れ歯専用ブラシをあてて、義歯床から歯の先に向けて、まっすぐに入れ歯専用ブラシを動かすと汚れが落としやすいです。
磨き終わったら、入れ歯全体の汚れが落ちたかどうかを目で見て確認し、グローブごしにヌルヌルが取れているかどうかを指でさわって確認しましょう。
入れ歯のお手入れの際、介助の必要がなく、ご自分でお手入れができる方でも、ヌルヌルした汚れは見えにくい場合がありますので、念のため確認させていただくようにするとよいでしょう。

片手が不自由な場合

ヌルヌルの正体

ヌルヌルの正体は「デンチャープラーク」と呼ばれる入れ歯に付着する、生きている細菌の歯垢です。
粘着性があるため、お水で流した程度では落ちませんので、必ず入れ歯専用ブラシを使って落とす必要があります。
わかりやすく例えると、流し台の三角コーナーの汚れを水洗いだけで放置した場合に表面につくヌメリと似ています。
流し台のヌメリは強い塩素系の漂白剤を使っても完全にきれいにはならず、タワシを使ってこすった経験のある方は少なくないはずです。
この状態が口腔内の入れ歯にも起きていると想像すると、入れ歯のお手入れの大切さがよくわかります。
デンチャープラークは、身体に悪影響を及ぼす悪い細菌のかたまりです。
口腔内を清潔に保つためには、よく磨き、ヌルヌルの正体であるデンチャープラークを取り除きましょう。

できるだけ、自立支援を

入れ歯のお手入れも、できる方にはなるべくご自分でやっていただき、介助の際には足りない部分を補うようにしましょう。

片手が不自由な場合

片手が不自由な場合

手やつめを洗うための平らなブラシの裏に吸盤をつけ、それを流しに固定すると、片手でも入れ歯を磨くことができます。
まひがあり片手が思うように動かない方でも、ご自分で入れ歯のお手入れが可能です。


ダウンロード

入れ歯の磨き方や、磨く時の注意点を一枚にまとめた資料
「義歯清掃のやり方」を ダウンロードできます。

入れ歯って片手でも磨けるんだ!

そうなの、使う器具や方法を工夫すれば、一人でもできることはたくさんあるのよ。
介助を必要としない方法を見つけてあげることが大切なの。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講