汚れやすいポイント

入れ歯は、端の方やクラスプが特に汚れやすいのよ。

会員限定ダウンロード資料つき

入れ歯の汚れるポイント

入れ歯の汚れるポイント

入れ歯についた食べかすを流水で取り除いただけでは、入れ歯に歯垢が残ってしまい、お手入れが不十分になってしまいがちです。
入れ歯を磨く際は、入れ歯をよく観察して、磨き残しのないよう丁寧にお手入れをしましょう。
入れ歯のお手入れの理想は、毎食後にお口から外して行うことです。
お口を清潔な状態に保つためにも、食後はできるだけ入れ歯を外して洗いましょう。


総入れ歯の場合

総入れ歯の場合

入れ歯の義歯床であるお口の粘膜にあたる内側のくぼみや、人工歯と人工歯の間に特に汚れがたまります。


部分入れ歯の場合

部分入れ歯の場合

部分入れ歯は、クラスプの部分が特に汚れますので、丁寧に入れ歯専用ブラシをあてて磨きましょう。


忘れがちなポイント

部分入れ歯の場合

磨き残しやすい場所としては、入れ歯の端の方です。
端の部分は意外に見落としがちですので、端までしっかりとブラシをあて磨きましょう。指で触ったとき、ヌルヌルしていない状態になっていれば磨けているという目安になります。

ダウンロード

入れ歯の汚れやすいところを一枚にまとめた資料
「入れ歯の汚れるポイント」をダウンロードできます。

入れ歯って毎食後にお手入れした方がいいの?

入れ歯のかたちは人それぞれ違って複雑だから、どうしても汚れのつきやすいポイントが出てきてしまうの。
お食事の後は、お口の中に食べかすが多く残ってしまいやすいから、お手入れをおすすめするのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講