舌のケアはお口と全身の健康のためにとても大切なの。

会員限定ダウンロード資料つき

舌のこと、知っていますか?

舌のこと、知っていますか?

舌の表面はふかふかの絨毯のような構造をしています。
そのため汚れや細菌などが舌の表面に付着し、留まりやすく、 汚れをついたままにしておくと味覚が鈍くなってしまうこともあります。
また、舌は筋肉のかたまりですので、会話の機会が減り舌を使わなくなってくると、 少しずつ機能が低下していきます。機能が低下することや、お口の乾燥が重なると、上あごと舌が擦られにくくなり、舌には細菌が付着しやすくなります。
舌のケアを続けて清潔を保つことができると、様々な良い効果が期待できます。
>

舌のケア方法

用意する器具

次の器具を用意しましょう。

  • 保湿剤(必要に応じて)
  • マウスウォッシュ(必要に応じて)
  • スポンジブラシ、口腔ケアウエッティー、舌ブラシのいずれか
舌のこと、知っていますか?

舌のケア方法

それぞれの器具の使い方については、「ケアに適した器具」のページで詳しくご紹介しています。
ぜひご確認ください。

お口の乾燥とだ液の減少

舌のケアで清潔を保ち、また刺激を与えることによって舌は少しずつピンク色の健康な状態を取り戻していきます。
舌に汚れがついていても、一回で全てをきれいにしようとせずに毎日のケアを続けていきましょう。
舌の汚れである「舌苔(ぜったい)」のケア方法も、合わせてご参照ください。

ダウンロード

舌を清潔に保つお手入れのポイントを
一枚にまとめた資料「舌のケア方法」をダウンロードできます。


舌に汚れがたくさんついてしまっていても、口腔ケアで取り除くことができるの?

もちろん一度に全てを取り除くことはできないのよ。
でも日々のケアを大切に、継続して行っていくと、少しずつ汚れは取れるの。
初めのうちからきれいにすることができなくても、あせる必要はないのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講