レクリエーションとしての機能訓練 その1

皆で楽しくレクリエーションをしながら、トレーニングもできるの。

レクリエーションしながら、口腔機能訓練

レクリエーションしながら、口腔機能訓練

口腔機能訓練にもレクリエーションの要素を取り入れると、楽しくトレーニングができます。楽しさは継続してトレーニングをするための大切な要素です。
また、複数名で行うことでレクリエーション参加者同士の仲間意識も生まれます。
複数名で同時にレクリエーションを行う際には、状態や環境、理解度の差などに注意しながら安全に行いましょう。

モール送り

モール送りの効果

手を使わずに、唇やそのまわりの筋肉の力だけでモールをリレーするこのレクリエーションは、唇を閉じる力をつけることができます。

用意するもの

用意するもの
  • 先折れストロー(人数分)
  • モール

※ストローはお口にくわえて使用しますので、必ず一人一つ用意しましょう。


モール送りのあそび方

モール送りのあそび方

モール送りを楽しくする工夫

モール送りは、人数に制限なく複数人で同時に行えるレクリエーションです。
人数が多く集まった場合には、2~3のグループに分けて競争することもよいでしょう。
また、モールのかたちを輪だけではなく、お花などにかわいくアレンジすることも一つです。
機能のレベルに合わせて、モールの数を1つから2つ、3つと増やしていけば、「きのうより多くできた」という達成感も生まれます。
工夫次第で、継続してもらえるレクリエーションになるのです。

モール送りを楽しくする工夫

ピンポン球リレー

ピンポン球リレーの効果

モール送り同様に、唇を閉じる力をつけることができます。

用意するもの

用意するもの
  • プラスチックスプーン(人数分)
  • ピンポン球

※スプーンはお口にくわえて使用しますので、必ず一人一つ用意しましょう。


ピンポン球リレーのあそび方

モール送りのあそび方

ピンポン球リレーをもっと楽しく

ピンポン球リレーもモール送りのように、負荷を大きくし、難易度を上げることができます。
プラスチックスプーンの大きさを変化させたり、少し重めのものに変更したり。ピンポン球を、ビー玉やスーパーボールのような様々なかたちや重さのものにすると、難易度が上がります。
参加者の機能レベルを判断した上で、少しずつ難易度を上げていってみましょう。

モール送りのあそび方

とっても楽しそうだけど、準備が必要なんだね。

そう、あらかじめ介護者が準備をしておくことで、スムーズにレクリエーションができると思うの。はさみやカッターを使うときには特に注意するのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講