義歯ブラシ

歯を磨くための歯ブラシがあるように、入れ歯を磨く専用の
入れ歯(義歯)専用ブラシもあるの。

入れ歯を磨くための器具

入れ歯のお手入れのほかにも、粘膜のケアは必要なの?

入れ歯のお手入れには、一般的に入れ歯専用ブラシを使います。
歯ブラシでも磨くことは可能なのですが、かたちが複雑な入れ歯のヌルヌルした汚れをしっかりと落とすためには、入れ歯専用ブラシをおすすめします。
入れ歯専用ブラシを使用すると楽にお手入れができますが、どうしても用意できない場合は、少し固めの歯ブラシでも代用できます。


入れ歯(義歯)専用ブラシってなーに?

入れ歯専用ブラシは、入れ歯を磨くためにつくられた入れ歯専用のブラシです。
通常私たちが使用する歯ブラシと同じナイロンの毛でできていますが、歯ブラシよりも固く、入れ歯の頑固な汚れを磨き落とすことができます。
柄が太く持ちやすいため、力を入れてゴシゴシと磨きやすい工夫がされています。

入れ歯(義歯)専用ブラシってなーに?

また、入れ歯ブラシは2ヶ所に植毛部分がある場合が多くありますが、これは磨くポイントと毛の固さや形が異なるためです。
大きい植毛部分は、毛がふつうの固さで、入れ歯の義歯床や人工歯全体を磨くのに適していますが、小さい植毛部分は毛が固くできており、クラスプ部分や端のボコボコした部分など、入れ歯の細かい複雑な溝などを磨くのに適しています。
入れ歯を磨く際には、歯磨き粉の使用は控えましょう。
歯磨き粉に含まれる研磨剤により、入れ歯に細かい傷がついてしまいます。最近は、入れ歯専用の歯磨き粉も市販されるようになりました。歯磨き粉を使いたいときには、専用のものを使うようにしましょう。

入れ歯専用ブラシって汚れがよく落ちるの?

入れ歯専用ブラシは、歯ブラシよりもブラシ部分の面積が広くて、柄が太くて持ちやすいから、力を入れてゴシゴシ磨くことができるの。
入れ歯がきれいになっていく様子がよくわかるから、楽しくお手入れできるのよ。



「訪問歯科診療スタートアップセミナー」のご案内 歯科衛生士としてブランクがあるが、再就職を考えている方へ「再就職応援セミナー」のご案内 訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講