パタカラ

お口の健康をまもるパタカラ体操。それぞれ、トレーニングできる筋肉がちがうのよ

会員限定ダウンロード資料つき

パタカラ体操ってなーに?

パタカラ体操ってなーに?

パタカラ体操はお口の代表的な体操の一つで、食べ物を上手にのどの奥まで運ぶ一連の動作を鍛えるための、発音による運動です。
加齢に伴い筋肉が弱ってくると、お口の周りの筋肉や舌の動きが悪くなります。その予防・改善が目的です。「パ」「タ」「カ」「ラ」と発音することで、食べるために必要な筋肉をトレーニングします。
それぞれの運動の意味を理解すると、より効果的に実践できるでしょう。


パタカラ体操の効果

パタカラ体操には、次のような効果が期待できます。

  1. 01. 噛む力、飲み込む力の維持・向上
  2. 02. だ液の分泌の促進
  3. 03. 発音がハッキリする 
  4. 04. 入れ歯が安定する
  5. 05. 表情豊かになる
  6. 06. 口呼吸ではなく、鼻呼吸に戻すことで口腔乾燥を防ぐ
  7. 07. いびきや歯ぎしりの改善
 

「パ」 唇を閉じて食べこぼさない

破裂音の「パ」は、唇をしっかりと閉めて発音します。

破裂音の「パ」は、唇をしっかりと閉めて発音します。
唇は食べ物をお口の中に取り込んで、こぼさないようにする役割があります。
「パ」の発音は唇を閉める筋力を鍛え、食べ物をお口からこぼさないようにします。


「タ」 食べ物を押しつぶす・飲み込む

「タ」は舌を上あごにしっかりとくっつけることで発音します。

「タ」は舌を上あごにしっかりとくっつけることで発音します。
口腔内で食べ物を噛む時や、噛み終えた食べ物を飲み込む時には、舌の全面が上あごにグッとついていなくてはいけません。
舌が上あごについていないと、食べ物を押しつぶしたり、ゴックンと飲み込んだりすることができないためです。
「タ」の発音は上あごから下あごへ舌を打ちつけるので、舌の筋肉のトレーニングになります。


「カ」 食べ物を食道へ運ぶ

「カ」はのどの奥に力を入れて、のどを閉めてることで発音します。

「カ」はのどの奥に力を入れて、のどを閉めることで発音します。
食べ物を飲み込み、そして食道へと送るためには、一瞬呼吸を止めることが必要です。
この動きができなければ食べ物をスムーズに食道へと運ぶことができません。
「カ」の発音は、誤嚥せずに食べ物を食道に送るトレーニングができます。


「ラ」 食べ物を口腔内に運び飲み込みやすくする

「ラ」は舌をまるめ、舌先を上の前歯の裏につけて発音します。

「ラ」は舌をまるめ、舌先を上の前歯の裏につけて発音します。
食べ物を口腔内まで運び、飲み込みやすいようにするためには、舌がよく動かなくてはなりません。
「ラ」の発音は、食べ物をのどの奥へと運ぶための舌の筋肉のトレーニングができます。


パタカラ体操も、お食事前に

パタカラ体操は、嚥下体操やだ液腺マッサージのようにお食事の前に行うのが効果的です。
もしお食事前はなにかと忙しく、難しいという場合には、できる時に「パ」、「タ」、「カ」、「ラ」と発音しましょう。
発音はできるだけ大きく、はっきりと。みなさんで楽しみながら行うことをおすすめします。
ただ発音するだけではなく、好きなうたに乗せて発音すると口ずさみやすくなります。


ダウンロード

食べるために必要な筋肉をトレーニングする方法をまとめた資料
「パタカラ体操」を ダウンロードできます。

パ、タ、カ、ラって、発音するだけなら道具もいらないし、手軽に体操ができそうだね。

そう、でも発音するだけって、なんとなくやってしまうと体操の意味がうすれてしまうの。できるだけ効果が高くなるように、目的を持ってしっかりと発音することを心がけてほしいの。



訪問歯科衛生士の業務に必要な知識と技術が習得できる「DS訪問歯科衛生士アカデミー」開講 トータルリハセンター旗の台 いきいき!健康講座のご案内 増患のためのホームページ戦略セミナー